2008年02月10日

おじいちゃんの運命は如何に

移住区以外全滅してるのに、特に前と変わらずどうでもいい任務をこなす毎日・・・。

俺の名前はA。俺はこのグラール太陽系の平和を守るガーディアンズの一員である。

そんなある日、いつも組む相棒と共に受けた任務はいっぺん変わったものだった・・・。




「助けて!」

ミーティングルームに入るやいなや、小さなビーストの女の子が助けを求めてきた。
なにやら大変落ちつかなげな目をしている

「ビス子さん落ち着いて」
傍らに立つルゥが興奮する女の子をなだめた。
最近復活した量産型ルゥだが、なぜだかこのルゥはいつもの帽子がない。

「うぅ・・・」

うつむく女の子を横目に、ルゥは淡々と任務を説明を始めた。


・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・


「はやく帰ってきてね!絶対の約束よ!」


そんなことを言われて送り出されたこの任務。

なんだろう。非常に失敗したらマズイ内容である。

普段の任務は失敗のしの字もないし、特殊なものでも「真面目にやってくれよ!」などと死んだ人間に反省の欠片も無い事を言われるだけである。


しかし、今回は人間の命がかかっている!!

どうやら依頼人の祖父の病気に対する薬の材料不足し、
薬がなければ祖父が危ないらしい。

依頼はその薬の材料であるモンスターの卵を採取してきてほしいとの事だ。

なんだか依頼の内容がモ○ハンに似ている気がする。
できることなら地元のハ○ターさんにでも頼んで欲しい。


しかし、ルゥが単身、採取に向かったところ、道中険しすぎて返り討ちにあったという。

なんなら量産型ルゥ6人パーティーで突っ込めばいいんじゃ


とにかく人命がかかっている。失敗すれば女の子の祖父は天へ召される事になる。



「俺らの命はどうでもいいのかい[゚д゚]!!」
相棒、K氏の大人気ない発言その@






そんなことを思いながら目的地に到着。

見れば。ああ、なんだろう、レーザーフェンスやらスイッチやらが盛りだくさん

前言撤回☆
目的地の前の前の前の前に到着[゚д゚]


まずは扉を出たところで二手に分かれることにした。

俺は階段を下り、確認できるスイッチを押す。
K氏はレーザーフェンスの奥を探索することにした。


俺は出てきた敵をスイッチ上で始末しながら、いつもどおり相棒とチャットを楽しんでいた。

相棒の方も敵の勢いは問題ないらしく。デビルメイクライの話で盛り上がる。

しかし、悲劇は起こった。

スイッチを押しながらマップ画面で相棒の位置を確認している最中。
相棒の反応が一つの扉へ向かった瞬間。仰け反り仰け反り吹っ飛んで反応が消えた。

まさに一瞬の出来事だった。

どうでもいいがデビルメイクライは面白い。



・・・・・・

・・・・・・

その後の展開

「ビス子さん落ち着いて」

「うっせーな!」

「俺は避けたはずだった・・・!」


・・・・・・

・・・・・・

ものの見事に迎撃され、死に際の言葉が「わーい[゚д゚]」だった相棒。
なにがあったか、相棒の言葉からは詳しく理解できないので、今度は俺がレーザーフェンス奥へ進むことにした。

相棒と別れた先は奥か、手前のレーザーフェンスかに分かれていた。
最初は奥へ進んでみたが、向こう側の階段が見える行き止まりになっていた。

戻ってフェンスの奥へ進む俺。

最初の四角い部屋ではモンスターが何匹か襲ってきたが、それはなんなく葬り去り、相棒の言っていた魔の通路を目指す。

はて、どんな仕掛けなのだろう?俺は相棒とは違う。
俺は扉を開けて奥へ進んだ・・・。









/(^o^)\


・・・・・・

「アッルェー?(・3・)」

「ビス子さん落ち着(ry」

「うっせーな!」(二回目


・・・・・・


「俺はあの瞬間、攻撃を避けたんだ。ただ、ただ、相棒と[ヤンデレ]の怖さについて話合っていただけなんだ」


K氏「素直に謝れば先生怒らないぞ」
俺「ごめんなさい」
K氏「コラァァァァ!」



****10分も経たないうちに二回目のリベンジ****


「あのケモナー、殺してやろうか!!!!」
K氏の大人気ない発言そのA

結局、俺もご丁寧に三連装ゾンデを食らって死亡したわけである。

今度はフェンス側にK氏が行った。

前回では用途不明であったフェンス奥のスイッチは、
外でスイッチを踏んでいなくてもレーザーを解除するためのものである事が判明し、
2人で魔の通路前で佇んでいる次第である。








魔の通路攻略戦 作戦α

『長射程の弓でぶっこわせ☆』

結果

俺「サイ○ワインダー!!!」

弓の弾丸「華麗に砲台をスルー!!」








魔の通路攻略戦 作戦β

「弾幕の合間を見計らってツインハンドガンで速攻破壊☆」

K氏「スキ有り!間合いを詰めれば!!」

砲台「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!!」









魔の通路攻略戦 作戦γ

「気合☆」


俺「いい事思いついた。お前、俺のレスタで回復するから特攻しろ」

K氏「ええっ!弾幕の中にですかぁ!?」


実は結構冗談で言ったんだけど、K氏がノリノリだったので実行(^ω^ )・・・




K氏「ぐおおおおおおおおおお!!!!」

押し戻されるK氏。それでも俺のレスタによって力尽きずに前へ少しづつ進んでいくK氏!!!!

相棒が頑張っているのにも関わらず笑いが堪えられない俺。

失礼ながら大爆笑ですな。


psu20080209_225805_002.bmp


俺「最後の力を振り絞るんだ!!!お前の最後の力は・・・!?」



K氏「勇気だァーーーーーーー!!!!」




とかなんとかスゴイ頑張って向こう側にたどり着いた。




だけれど。



砲台が壊せない件/(^o^)\




結局、そんなことしなくても手前の行き止まりのとこから天井のモニュメント破壊すればよかった。



K氏「あの特攻は俺の長いPSUライフの中で5本の指に入るくらい興奮した」

俺「5本の指に入るくらい大爆笑したわ」



結局、その先、サッパリ進み方がわからなくて時間切れになったんだけれど。




「うっせーな!」(三回目














はい。昨日、パルムのパーティーミッションをケタと一緒にやったときの事を小説風に表現してみますたwww

しばらく更新してなかったので気合いれてみました(´∀`)

ちなみに一人称が俺なのは雰囲気作るた(ry


posted by アジム at 22:17| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めまして!
・・・これはあるあるw
俺もやりましたこれ・・・ジャブロッガで特攻する人もいたり・・・あんな場所分かるわけねー(´Д`;

結構複雑でやってて楽しいですけど、できればもうちょっと時間が欲しかったですよねーこれ
Posted by ソード at 2008年02月11日 00:16
最後の力が「勇気」とは・・・(゜д゜)
うむ、ケタさんらしいですねぇw(ぉ

この熱血さ(もとい、ネタ根性(ヤメ)があれほどの小説を生み出すのかもですなぁ

自分なら迷わず「逃亡」の一手を使うしか・・ウワナニヲスルヤメロ

それにしてもあのミッションは迷いますなぁ・・・
いっそスネー○に頼んで卵をキャプチャーしてもらった方が(ぉぃ
Posted by クレスト at 2008年02月11日 00:47
さすが・・・伝説の二人だ!
「勇気かぁ」
いい言葉ですね!

そうそう、最初ボクも似たような事してましたよw

案外あれ。ダブセのトルネとかで抜けれるんですよね(ダメ喰らうけど

それにしても、このミッション最初やったとき、とても熱かったな!

Posted by シューゴ at 2008年02月11日 02:04
これはひどいw(いい意味で)
あれは誰もが通る初心者への洗礼ですね…
でも逆にカラクリが解ってしまうと少しつまらなくなってしまいますw

スタート地点の目の前にある箱から出る
ハンドガンでフリはあったんですが(^▽^)
Posted by Suluto at 2008年02月11日 09:13
フイタwwwww

こんなおもろそーなミッション出てるんかー。時間の合間見て出てみようかな……間違いなく死に至るだろうがw
Posted by 東王 弁慶 at 2008年02月11日 09:30
>アジさん

リアルタイムで「そこは砲台の上に壊せるところがあるのでソレを打つと
落ちてきたものを壊すと砲台きえますよ〜(・ω・)」
とアドバイスした後

「アジのレスタでむりやりつっきった(w」

という返事が来たので大爆笑したんですが
ソレがこんなすごいことになっていたなんて・・・!!!
画像見ただけで目から水が出たので(*涙)
その場に居たら私絶命してたかもしれませぬ。

アジさんのサイドワインダーにも大爆笑しました。
今度見せてください(*´д`*)!

PS● 私もあの砲台にはこてんぱんにやられました(笑
Posted by すぎやん at 2008年02月11日 09:32
あ、あそこの砲台も天井破壊だったのか!!
ほとんど左に走ってたからわからんかった(汗
後で行くと、もうトラップ解除なってたし…。

まぁ、あそこでは困った上を向け。がキーワードかもしれません。他にも数箇所似たようなな仕掛けあるし。

…だが最大の難所は、その先だ!!
一緒にやる来た機会があれば、少しはアドバイスできますよ?w
Posted by えむ at 2008年02月11日 10:01
いやぁ〜・・・。
マジでこんときは面白かったな(^^;

攻略方法わからないまま突貫も、
いろいろと面白いのw

とりあえず気合があれば、
多少の無茶はできることがわかった。
Posted by ケタ at 2008年02月12日 01:20
ちょっww面白すぎです二人とも!(大爆笑)久々にこんな面白エピソード聞きましたw
私は知り合いに道案内頼んだんでこういうことはなかったですけど、
実際案内無しで初だったら誰もがこうなりそうで怖いですね;
にしても、冗談のつもりで言ったにもかかわらず止めないアジムさんも
明らかに冗談だろうに突っ込むケタさんにも脱帽です><。!!
御二人のコンビは最強ですねぇ、色んな意味で。(笑)
というか、もしかして、いつもこうなんでしょうか…w?
Posted by 雪夜・ミヤシロ at 2008年02月12日 17:06
展開が早くてまだ脳みそがついていけないなここのミッション。
えーと、結局どこがどうなるんだっけ?(理解してません。)
きっとあのビス子の祖父さんはもっと強いんじゃないかなと思うんだが・・・。
そもそも何の病気なんだw

野良の周回みたく忙しくプレイするのもいいけど自分のペースでまったりやるのもいいなと。
楽しそうですなぁ・・・w
Posted by 龍牙 at 2008年02月12日 18:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。